プロパンガスって
都市ガスに比べて
料金が高いですよね?

その理由と
その対策について
調べてみました。

とりいそぎ
結論としては
プロパンガス消費者センター
安いところを
探して
切り替えれば
良いということです。

→ プロパンガス料金消費者センターはこちら

一般家庭で
エネルギー使用量の割合が多いのは、
電気や都市ガス、
そして、プロパンガスです。

電気に関しては、
2016年4月より電力の自由化が
適用さています。

この為、競争原理が働くことで
電気料金が
値下げされています。

一方、プロパンガスも
すでに自由料金となっています。

しかし、
この中でもプロパンガスの料金が
最も高いと感じる方は
多いのではないでしょうか。

その理由を検証してみたいと思います。

プロパンガスが高いと感じた時

プロパンガスが高いと感じるケースは、
以前都市ガスを利用していて、
新たな引越し先で
プロパンガスを使用した時です。

都市ガス利用時の料金に比べ
1.5倍程高いと
実感しました。

特に冬場は
お風呂のお湯の使用量が多い為、
2倍近く料金を払った
経験があります。

又、毎月燃料価格の高騰の影響で
値上げが続いたのも驚きました。

しかも都市ガスに比べて
値上げ率が高いと感じました。

なぜプロパンガスが高いかを調査

プロパンガスが
都市ガスに比べて高い理由
について調べてみました。

先ずは、
プロパンガスは
各業者によって
価格を決める事ができる
自由料金制度という事です。

この為、
業者によっては
かなりの価格差があるという事です。

現に、JAといった
比較的公共性の高い企業と
民間のガス会社の
料金を調べてみたところ、
かなりの価格差がありました。

一方都市ガスでは、
公共料金扱いとなる為、
各ガス会社によって
ばらつきが少ない
という事です。

そもそも
都市ガスとプロパンガスとでは
供給方法に
違いがあります。

都市ガスは、
地下に敷かれたガスの配管を通じて
各家庭に供給されるのですが、
プロパンガスは、
ガスが充填されたガスボンベを、
ガス会社が運搬して
屋外に設置する必要があります。

その為、
運搬費といった
人件費が必要になってきます。

又、導入時の費用にも
違いがあります。

都市ガスでは
新築など
新たに引き込む際の工事費用を
一括で支払う事になります。

一方、プロパンガスの場合は
工事費用を
毎月の使用料に上乗せして
請求する事が多いです。

その他にも
賃貸アパートや
マンションの
プロパンガス料金は
戸建て住宅にくらべて
相場料金が高い傾向になります。

戸建の場合においては、
安易に単価を値上げしてしまうと
別の会社に替えられる
といった事があり
過度な値上げはありません。

逆に賃貸住宅の場合は
契約者は
入居者ではなく
大家になる為、
入居者にガス会社を
選ぶ権利がない為、
ガス会社と入居者は
平等な関係ではないからです。

さらには
燃料の違いによる
原油高騰の影響の大きさも
関係があります。

都市ガスの原料は天然ガスですが、
プロパンガスの原料は石油となる為、
ガソリンなどと同様に
原油価格変動の影響を受けやすく、
料金価格の変動が大きいといえます。

プロパンガスの料金を安くする方法について

プロパンガスの料金を安くする為には、
先ずは
現在使用しているガス会社に交渉
してみる事です。

特に、
原油価格の下落が続いているのに、
ガス料金の値下げが
実施されていない場合には
交渉の材料になります。

また、
交渉の際には
近隣の別会社の単価を
調べておくのもおすすめです。

交渉は上手くいかないのであれば
他社に乗り換える方法があります。

そもそも
プロパンガス会社は
どこと契約しても自由です。

賃貸住宅の場合は、
入居者全員で大家に
相談してみる事を
おすすめします。

又、
その際には署名を作成して
提出して
承諾して頂ければ
安いガス会社を
見つける事が可能になります。

そして
業者を変える際には
いくつかのポイントが
あります。

ガス会社の探し方は
インターネットや
タウンページなどで
検索してみます。

そして
自社webサイト内で
基本料金や単価が掲載されているかどうか
確認します。

掲載されていなければ
問い合わせしてみます。

基本料金や単価が解れば
現状から乗り換えた際の
節約料金の把握が出来る為
参考になります。

又、
ガス会社選びは
案外難しい為、
仲介業者
利用するのもひとつの手段です。

乗り換えの際の注意点

ガス会社を乗り換える際には
いくつかの注意点があります。

先ずは
解約する際には、
新築時等に発生した
配管工事やメーター等の
設備工事費用についての
負担金額です。

この様な代金は
プロパンガス会社が負担している、
いわゆる無償貸与と
なっている場合が殆どです。

この無償貸与とは
無料という意味ではなく
貸付になります。

多くの場合、
施主に15年契約で
貸し付けるといった
場合がほとんどです。

ですので
解約時に
15年以上経過していなければ
違約金を請求される事があります。

又、
途中で給湯器などを
無償で設置してもらった場合も
そうです。

これらも
プロパンガス業界では
貸付と解釈され
プロパンガスの単価に
上乗せして支払っている事に
なります。

ですので
償却期間が終えていなければ
請求される事になります。

ちなみに
当然ですが、
あらかじめ現金で支払った場合には
請求されることはありません。

そして
乗り換える先の業者
についての注意点です。

先ずは
基本となるガス料金を
公表しているかどうか
です。

実は
プロパンガス業界の中では
公表している業者は
実に少ないのが
現状です。

そして
契約時の料金が
いつまで保証されるのかどうか
です。

初めに
安い料金を提示してきて
数か月後には
値上げを実施する
業者があるからです。

又、料金のみならず、
24時間対応の
緊急時体制や
設備の定期点検や
メンテナンスなど
アフターサービスの対応も
大切です。

そして
実際に契約する際には、
契約期間や
貸与金額や
償却方法、
そして解約時の違約金など、
消費者が不利になる条件は
ないかをしっかりと確認します。

又、
ガス会社の
切り替えについて
電話や訪問による
勧誘方法があります。

格安料金で勧誘されて
乗り換えはしたが、
気が付いたときには
「以前のガス料金より高くなっていた」
なんて場合も多数ある為注意が必要です。

そのような
面倒な確認も
まとめて仲介業者
利用するのが簡単です。

ページの先頭へ